院内感染予防対策

当院では、病院内で病原菌やウイルス(B型肝炎、C型肝炎、HIV等)を、患者様同士や医療スタッフと患者様との間で伝染させないように予防するため、下記のような対策を実施しております。

歯科治療は基本的に全て外科の治療となります。治療中に出血したり、唾液に触れることがあります。血液や唾液は感染源となりますので、歯科治療に使う器具や機械に関して注意深い消毒と感染予防処置が必要となります。
本医院では治療器具が患者ひとりひとりの当日の治療内容に合わせて準備、滅菌され、治療の直前に開封使用されます。

また、医療用手袋の交換、器具(タービン、エンジンなどを含む)の消毒滅菌、術者が触れる部分の消毒、滅菌などで感染予防管理に非常に多くの時間をかけております。

  1. 診療用の器具は高圧高温蒸気滅菌装置で滅菌し、感染予防をします。
  2. ドイツ製の最新型滅菌機(DAC)を採用し、タービン等の切削器具の滅菌をします。
  3. 加熱できないプラスチック製の物は薬液にて滅菌して使用します。
  4. 医療用手袋やエプロン、うがい用コップは使い捨てにしています。

安心の院内感染予防対策

高圧蒸気滅菌装置(オートクレープ)

すべての器具は超音波洗浄、薬液消毒、132℃の高圧蒸気滅菌の3つのステップで滅菌しております。

滅菌パックと診療器具

滅菌済みの器具は皆さまの前で滅菌パックを開封して使用します。
加熱できないプラスチック製のものは薬液で滅菌するため、安心です。

ドイツ製器具滅菌装置(DAC)

左の写真のDACという機器はタービン等の切削器具専用の最新型滅菌器で、洗浄、注油、滅菌の工程をわずか12分で完了できます。この為、診療室で清潔な器具の使用が可能となりました。

また、バー、ポイント類もその都度滅菌しております。

消毒・滅菌に使用する薬剤

ご予約はこちら
日本口臭学会
Dr.HONDA口臭バイブル