むし歯治療

虫歯かもしれない(しみる・穴があいているなど)

  • 冷たいものがしみる 
    冷たいものがしみる原因としては、虫歯や知覚過敏が考えられます。
    虫歯が進行すると歯髄炎となり、持続的にしみるようになります。 
  • 熱いものがしみる 
    虫歯が進み歯の神経(歯髄)に達した場合は、冷たいものや熱いものがしみるようになり持続的な痛みが生じます。この場合は「抜髄」治療(根の治療)が必要になります。 
  • 歯が痛い 
    虫歯が進行し歯髄炎になった場合、歯根先端部に病変がある場合、歯周病がかなり進行した場合や歯ぐきに炎症を起こした場合、歯が破折した場合が想定されます。
    下のチャートでご自分の症状を調べてみましょう。 

虫歯かもしれない(しみる・穴があいているなど)

歯がしみる場合、知覚過敏と虫歯が考えられます。

知覚過敏とは

歯周病などで歯ぐきが下がったり、強い力でみがく・歯ブラシを大きく動かすなどの間違った歯磨きの仕方を続けたりすると、象牙質が露出してしまうことがあります。すると冷たいものなどの刺激物が歯の神経に伝わりやすくなり、しみるような痛みを感じます。これが「象牙質知覚過敏」です。
「象牙質知覚過敏」の症状が悪化すると、歯ブラシがあたるだけでも痛みを感じるようになります。そのため、歯周病の原因となるプラーク(歯垢)を取り除くための十分なブラッシングができず、さらに歯周病が悪化するという悪循環が生まれてしまうのです。

  • 治療法
    適切なブラッシング法の指導
    薬剤の塗布
    充填措置(プラスチックなど)

虫歯とは

虫歯とは、細菌が糖を利用して「酸」をつくり、その酸によって歯が溶かされる病気です。
虫歯は早期に発見し、早めに治療をする事が大切です。
また、治療が終了したら何故虫歯になってしまったかを分析して、虫歯を予防していきましょう。

虫歯の治療法

むし歯は、進行の度合いにより、以下の様に対処法が異なります。
虫歯の治療法

C0~C1

プラークコントロール(歯みがき指導やクリーニング)

フッ素塗布 → フッ素による虫歯予防

シーラント → 歯を削らない虫歯治療

(審美性が気になる場合などはコンポジットレジン充填) 

虫歯の治療法

C2

コンポジットレジン充填 → 歯を削って詰める治療
インレー修復(詰め物) → 歯を削って詰める治療

(範囲が広い場合などはアンレー・クラウンでの修復)

虫歯の治療法

C3

根管治療 → 根の治療
土台治療 → 歯の芯棒をつくる
クラウン(被せ物) → 歯を削って被せる治療 

虫歯の治療法

C4

基本的には抜歯ですが、多くの場合C3に準じた治療を行います。


抜歯した部位の補綴治療(歯のない部分を補う治療)

 義歯(入れ歯) → 取り外しする装置での治療
 ブリッジ(橋渡し) → 歯を削って被せる治療
 インプラント(人工歯根)

カリエスチェック

当院では、細菌が侵入した歯質を取り残さないようにするため、また、健全な歯質を削り過ぎてしまわないようにするため、虫歯治療の際には必ずう蝕検知液(カリエスチェック)を用いる様にしています。
これにより、再治療を少なくしたり、残せる歯の部分を多くすることができ、歯の寿命を延ばすことができます。

ページトップへもどる
ご予約はこちら
ストローマン
スマイルトゥルー
プレオルソ
日本口臭学会
Dr.HONDA口臭バイブル