はぎしり、くいしばり

 はぎしりは、昼夜を問わず、無意識的に歯をこすり合わせたり、噛みしめたりする異常な癖です。正常な方の場合、1日のうちで上下の歯が接触している時間は20分弱といわれています。これよりも長い時間、歯が接触することで、歯や顎の関節、筋肉にダメージを与えてしまうことがあります。
 はぎしりを放置すると、詰め物やかぶせ物の顎回の脱落、歯の破折、知覚過敏、歯のくさび状の欠損、むし歯、歯周病、顎関節症が発症するおそれがありますので、早めの対処が必要です。

はぎしりの原因

歯ぎしりの原因は解明されていないのが実状ですが、ストレスなど色々な要素(他因子)が原因とされると考えられています。

治療法について

1)寝ている間のはぎしりについて

寝ている間に無意識のうちに上下の歯をすり合わせている場合、就寝時にナイトガード(マウスピース)を装着します。ナイトガードは歯の型をとり、石膏模型に合わせて作製します。来院回数は2~3回です。

2)日中のくいしばり(噛みしめ癖)について

日中、上下の歯を接触させる癖(くいしばり、噛みしめ癖)を治すには、認知行動療法が有効です。まずは食いしばりを自覚することが重要です。上下の歯を接触させていることに気付いたら、「歯を離す」ことを意識して、「はー」と息を吐くことで、力を抜き、リラックス状態を作ります。

よく見る場所(テレビやパソコンやキッチン)などに「歯を離す」、「はー」、「リラックス」等と書いた紙を貼っておき、しっかり歯が接触していないことを確認しましょう。そして、この歯と歯を離すことを少しずつ習慣化しましょう。
噛みしめ癖は単なる癖ですが、様々な不調の原因になる可能性があります。特にはぎしりのある方、顎関節症で噛みしめ癖が疑われるときは、一度ご相談下さい。

ご予約はこちら
日本口臭学会
Dr.HONDA口臭バイブル