いびきと睡眠時無呼吸

はじめに

いびきは悩ましいもので、あなたの睡眠だけでなくあなたの家族やパートナーの睡眠をも邪魔するものです。
いびきはパートナーとの関係に障害となるだけでなく、より深刻な健康上の問題である睡眠時無呼吸の典型症状でもあるのです。

いびきとは睡眠中に上気道の組織が振動して、大きく耳障りな音を立てる現象です。
睡眠時無呼吸(:sleep apnea)は睡眠中の10秒以上の呼吸停止と定義されています。
睡眠時無呼吸の患者さんは、睡眠中の呼吸停止の後、あえぎや窒息感を伴う一過性の覚醒により呼吸を再開する、という症状を一晩中繰り返しています。

睡眠時無呼吸の症状

  • 睡眠中のあえぎ、窒息感あるいは荒い寝息がある
  • 十分な睡眠時間をとっても眠気や疲労感が残る
  • 起床時に疲労感を感じる、または頭痛がある
  • 不適切な状況(映画鑑賞中、礼拝中、静座中などで)、あるいは意図しないのに眠ってしまう
  • 記憶力や集中力に問題を生じる
  • 怒りっぽくなる、イライラする

睡眠時無呼吸は近年、脳卒中、糖尿病、心臓疾患(高血圧、不整脈、心臓発作)さらにはED(勃起不全)などの深刻な疾患の危険因子であると考えられています。
また、交通事故の多くが、睡眠時無呼吸の結果生じた日中の強い眠気(日中傾眠)により引き起こされているともいわれています。

いびきと睡眠時無呼吸の診断

一般的には耳鼻咽喉科、呼吸器内科等で病歴を聴取したり、口、鼻、喉を診察し、又、血液検査、画像検査、睡眠検査を行うことで診断されます。

治療法

睡眠時無呼吸の治療では通常、睡眠検査や診査結果に基づいて、その重症度に応じた適当な治療法が選択されます。
持続陽圧呼吸療法(CPAP:Continuous Positive Airway Pressure)は、ストラップで鼻に固定されたマスクとそのマスクへ加圧した空気を送り出す装置により構成されています。
装置から送られる加圧された空気が気道を開き、楽に呼吸できるようになります。
大部分の睡眠時無呼吸の患者さんにとって、CPAPは第一選択とされています。
CPAP治療にどうしても慣れることができず、耐えられない患者さんには、歯科で口腔内装置を製作することがあります。


口腔内装置(OA:oral appliance)療法

CPAP以外の選択肢としては、主にいびきの軽度から中等度までの睡眠時無呼吸に対してオーラルアプライアンス(OA)が用いられています。
カスタムメイドで作られるOAは、下顎と舌を前方に出した位置に固定することによって、気道を広げ、気道閉塞の原因となる下顎と舌の沈下を防ぎます。

慣れるまでには少し時間が必要で、それぞれの患者さんに最適な顎の位置を設定するまでに数回の調整が必要になります。
このOAは、歯科にて睡眠時無呼吸の診断を受け、紹介状を持参し、歯科医院で製作を希望した場合は保険診療で製作可能です。

(the Quintessence TMD YEARBOOK 2014 付録 「いびきと睡眠時無呼吸」参照)


ご予約はこちら
日本口臭学会
Dr.HONDA口臭バイブル