歯をできるだけ残す根管治療

根管治療とは

歯の根の管を根管(こんかん)といい、根管の中には神経や血管があります。
むし歯が進行し、根管内まで達してしまうと(つまり根管内に細菌が進入してしまうと)、神経全体にその感染が及んでしまうため、根管治療が必要になります。根管内の感染した神経などをとりのぞくと歯は痛みを感じなくなるため、よく「神経を取る」と言われます。
感染した組織を丁寧に取りのぞき、治療した後、緊密に薬を詰めて細菌が入り込まない様にすれば、神経のなくなってしまった後にも歯を長く使っていくことができます。これが根管治療です。

根管治療とは

根管治療の方法

根管治療では、細菌によって汚染された組織を、針の様なヤスリ(ファイル)でこすり落として、根の中を消毒し、薬で密閉して細菌の住みかをなくす方法です。少しでも細菌に侵された組織が残ってしまうと、そこからまた細菌が増え、いつまでも痛みが取れなかったり、再発を繰り返してしまいます。
そこで当院は、皆様の大切な歯を守っていくために、次の様な事に気をつけて根管治療をしています。

根管治療を成功させるために大切なこと

1. 根管の中に細菌が入らないようにする

治療中に唾液などの中の細菌が歯の中に入ってしまうと、どれだけ丁寧に根管の中を清掃しても、治らなくなってしまいます。そのため、次の様な処置をして、根管の中をできるだけ無菌状態にする様にします。

1) コンポジットレジンによる隔壁形成

唾液を排除して、唾液を経由した根管内への細菌感染を防止するために行います。
コンポジットレジンの隔壁形成後に仮歯を装着することがあります。

2) ラバーダム防湿(症例により使用します)

2) ラバーダム防湿

治療する歯のみを明示して唾液の混入を防止するラバーダムを装着します。

3) 仮封

仮封

  • 最低3~4mm の厚みを確保します。
  • 段差や気泡が入らないようにします。
  • 水硬性セメント、酸化亜鉛ユージノールセメントなどを使用します。

2. 根管内の組織を取り残さない様にする

根管内の化学的洗浄

根管の中には、肉眼では見逃してしまう可能性のある細いものがあります。
そのため当院では、マイクロスコープ(実態顕微鏡)を用いて目で直接見て確認し、徹底的にすべての根管を清掃する様にしています。


3. 殺菌・消毒を徹底する

無菌的な環境下で根管内を清掃した後、薬液で洗浄し、殺菌・消毒をします。
また、その後緊密に薬をつめ、細菌が再び入りこむスペースをなくすことで、病気の再発を防ぎます。

1) 根管内の化学的洗浄

根管内の化学的洗浄

歯の内部に感染した細菌を洗浄し、除去します。

(左) 次亜塩素酸ナトリウム → 有機質の溶解
(右) EDTA → 無機質の溶解

2) 根管内の乾燥

根管内の乾燥
根管に薬剤をつめる前に、滅菌済みペーパーポイントで無菌的に乾燥します。

3) 緊密な根管充填

根管内の乾燥
ガッタパーチャという樹脂を、側方加圧法により、緊密に充填します。

当院では、米国ペンシルバニア大学の歯内療法学科において実践されている臨床コンセプトに基づいた、米国式根管治療も行なっています。ペンシルバニア大学に留学された先生方に学んだ最新の治療法を、皆様に自由診療としてご提供させていただいております。

米国式根管治療について
ご予約はこちら
日本口臭学会
Dr.HONDA口臭バイブル