根管治療

やりなおしのない治療を目指します

根管治療

根管治療とは

歯の根の管を根管(こんかん)といい、根管の中には神経や血管があります。
むし歯が進行し、根管内まで達してしまうと(つまり根管内に細菌が進入してしまうと)、神経全体にその感染が及んでしまうため、根管治療が必要になります。根管内の感染した神経などをとりのぞくと歯は痛みを感じなくなるため、よく「神経を取る」と言われます。
感染した組織を丁寧に取りのぞき、治療した後、緊密に薬を詰めて細菌が入り込まない様にすれば、神経のなくなってしまった後にも歯を長く使っていくことができます。これが根管治療です。

根管治療とは

根管治療の方法

根管治療では、細菌によって汚染された組織を、針の様なヤスリ(ファイル)でこすり落として、根の中を消毒し、薬で密閉して細菌の住みかをなくす方法です。少しでも細菌に侵された組織が残ってしまうと、そこからまた細菌が増え、いつまでも痛みが取れなかったり、再発を繰り返してしまいます。

なぜ再発してしまうのか?

当院には根管治療で悩まれている方が多く来院されます。
「痛みがなかなか治まらない」
「痛みが改善されないが出来れば抜きたくない」
「治療したのに、また痛くなってしまった」
どうして、このような結果になってしまうのでしょうか?

この理由として歯科の専門家の間では「唾液を介した歯の中への細菌感染」や「根管の見落とし」が原因であると考えられています。

①ラバーダム

当院では「ラバーダム」という機材を使用しています。
ラバーダムは治療する歯以外を薄いゴム製シートで覆いかぶせて口腔内の唾液や細菌が歯の中へ侵入するのを防ぐマスクのようなものです。
このラバーダムを使用することで唾液を介した歯の中への細菌感染を防ぎます。

コンポジットレジンによる防壁

コンポジットレジンによる防壁

ラバーダム

ラバーダム

②歯科用3次元エックス線断層撮影(CT撮影)、マイクロスコープ(歯科用実体顕微鏡)

また、当院では歯科用3次元エックス線断層撮影(CT撮影)を行い、3次元画像上で根管の数と位置を確認し、口腔内でマイクロスコープを使用しながら根管を見つけるよう努め、「根管の見落とし」を防いでいます。

マイクロスコープ(歯科用実体顕微鏡)

マイクロスコープ(歯科用実体顕微鏡)

歯科用CT・パノラマ複合機

実際に根管治療を行うときに重要なことは「細菌感染してしまった悪い部分を除去すること」と「再感染を防ぐために根管内を緊密に充填すること」です。
当院では、ニッケルチタン製器具や超音波チップを使用し、細菌感染してしまった悪い部分を除去し、水酸化カルシウム製剤での殺菌を行っています。

ニッケルチタンファイル

ニッケルチタンファイル

超音波チップ(根管内の洗浄)

超音波チップ(根管内の洗浄)

Uチップ

Uチップ

(Ultrasonic positive pressure効果)

根管内の充填については、側方加圧充填法、垂直加圧充填法、Continuous wave condensation等の方法を用いて、緊密に充填するよう努めております。

側方加圧充填法

側方加圧充填法

根管治療後は、コアと呼ばれる支台を築造し、その上に被せ物を装着します。
当院では歯肉より外側に1.5~2mmの歯が残っている場合ではファイバーコアやレジンコアを使用し、それ以外の場合では金属コアを使用しています。
ファイバーコアは色が白く光の通過性があり、審美的に優れています。
また、ファイバーコアは「しなる」性質を持つため、強い力が加わった場合でも力を上手に分散させることが出来ますので、歯根の破折の防止に役立ちます。
歯肉より外側に1.5~2mmの歯が残っていないケースでは、ファイバーコアの「しなる」性質により、支台がはずれてしまう恐れが高まりますので、金属コアを使用しています。
以上の一連の流れ(根管治療~支台の築造)を行い、歯の中への細菌の再感染を防いでいます。

根管治療の成功率について

根管治療は最も良い条件で行った場合でも、

歯の神経が生えている場合で90%程度
歯の神経が腐って根の先に病気がある場合で80%程度
既に根管治療している場合で60~70%
歯周病との合併や歯に穴が開いている場合で低い成功率 
垂直的な歯根の破折0%

と言われております。
根管治療で治らない場合、歯根端切除術という治療法(外科的歯内治療)で治療可能な場合もあります。
このように全ての歯を救えるわけではないのですが、可能な限り、皆様の歯を残せるよう努力しています。

ご予約はこちら
ストローマン
スマイルトゥルー
プレオルソ
日本口臭学会
Dr.HONDA口臭バイブル