こころと体を育てる小児歯科

虫歯のない健全なかみ合わせの永久歯列を完成することを、小児の歯科治療の第1目標とします。虫歯になってしまった原因を科学的にきちんと見つけ対応することで、虫歯を予防することは可能です。また、虫歯を治すだけでなく、お子様の発育状況や生活環境をふまえて、健全な永久歯列の育成をサポート致します。

哺乳と離乳、指しゃぶり等のお口の癖、歯磨きの仕方、食生活など、何でもご相談ください。

乳歯は大切

乳歯は永久歯に比べて、小さくやわらかいので、虫歯になりやすく、進行も早い特徴があります。乳歯はいずれ入れ替わるから虫歯になってもいいと思っていませんか?とんでもありません。乳歯の虫歯は永久歯に悪影響を与えます。

  • 生えてきた永久歯に虫歯がうつる
  • 永久歯の質や形を悪くする
  • 永久歯の歯並びが悪くなる
  • 発音の障害
  • 舌や唇の悪い癖が出やすくなる
  • 体全体やアゴの発育を悪くする
などの悪影響を招くことがあります。治療は、初期のむし歯ほど簡単にすむので、放置せず、早めに受診しましょう。

子どもの歯科治療についての当院の考え方~歯医者さん嫌いにしたくない!~

「大人になってもなんだか歯医者に行くのは怖くて苦手だ…」という方によくよくお話を伺うと、子どものころに無理やりに治療されたからという場合が少なからずあります。

以前、「むし歯の洪水」と言われるほど子どものむし歯が多く発生していた時代がありました。そんな状態ではとても子どもの成長段階や情緒発達などに気を配っている余裕はなく、安全のためなら押さえてでもとにかく歯を治す!という状態だったそうです。

反省すべきことですが、十分な時間がないという歯医者側の都合によって「歯医者嫌い」が多く生まれてしまったのです。

しかし近年、歯に対する正しい知識が広く普及したことによって、子どものむし歯は大幅に減り、また少子化が進んで治療時間に余裕が出来たことも相まって、本来重視されるべき子ども本人の「意思」「同意」というものに、より注意が注がれるようになったのです。

当院でも、概ね3歳以上のお子さんで歯科治療が初めての方や、ある程度の年齢のお子さんでも「どうしても歯医者が怖い…」という方には、治療を行う前にまずトレーニングをお勧めしています。

数回かけて、治療の道具を鏡などで見ながら練習したり、どうして治療をしなくてはならないか、何とかわかってもらえるようお子さん本人にも良く説明したりした後、様子を見て治療を開始していきます。

保護者の方にご同意いただければ、またご希望であれば、トレーニングは何度でもします。しかし、あまりにも回数をかけすぎてしまうと返ってイヤになってしまうので、様子を見て対応していきます。

歯医者さん苦手です、と言われることは数あれど、歯医者さん大好きです!と言われることは悲しいかな少ないです…。

少しでも好きと言ってもらえるようにするには、子どものころからの適切な対応が大切だと考えています。

子どもの治療に用いる器具

電動麻酔器

痛みを感じにくい理想的な注射をコンピュータがコントロールします。
他にも、ゼリー状の表面麻酔や細い注射針を使って、なるべく痛みを感じないように麻酔をします。
「それでもやっぱり痛いんじゃ・・・」と思っていませんか?
小児歯科では他にも秘密の“コツ”があり、麻酔はほとんど痛くなくできるんですよ!

開口器

小さいうちは筋力が弱く、治療中ずっと口をあけているのが難しいので、途中で閉じそうになって危ないことがあります。
そこで、この開口器をかんでいてもらうと、力を抜いていられるので、お子さんは楽に治療をうけられます。
自分から「あーんの機械入れて!」と言う子もいますよ!

ラバーダム

ラバーダムは歯の中に細菌が侵入することを防ぐのが主な役割ですが、お子さんの場合、舌や頬をシートでよけることができ、薬液がもれるのも防げるので、安全でもあります。
また、お水が喉に流れにくくなるので、あまり苦しくなくなります。

レーザー虫歯診断機

ドイツで開発された高性能レーザーのむし歯診断器DIAGNOdent(ダイアグノデント カボ社)で、目に見えないところのむし歯や小さなむし歯を安全で正確に診断します。早期のむし歯発見や部分的な治療により歯の保存が可能となります。

子どもの予防歯科

歯磨き指導

年齢によってみがける部位、適したハブラシの大きさや硬さ、柄の長さなどは異なります。
お子様の手の機能の発達や、日ごろの歯みがき習慣などをふまえて、効果的な自分みがき・仕上げみがきの方法を指導させていただきます。
また、補助的な用具として、フロスや部分用ハブラシ(タフトブラシ)などもお勧めいたします。

PMTC

自分みがきや仕上げ磨きによっても落ちづらい、こびりついてしまっているバイオフィルム(細菌のかたまり)を、ブラシとペーストを用いて落とします。
バイオフィルムがついたままだとこの後塗るフッ素も十分な効果を発揮しません!

フッ素塗布

フッ素を塗布することで、歯の表面の性質を強化し、虫歯になりにくくします。

<フッ素のはたらき>

  • 酸産成抑制:むしばの細菌のはたらきを弱め、酸の量を抑える
  • 再石灰化の促進:歯からとけ出したカルシウムやリンの再沈着(再石灰化)を促進する
  • 歯質強化:歯の表面を酸に溶けにくい性質にする
<種類>

フッ素入り
歯みがき
フッ素入り歯みがき
洗口 洗口
塗布 塗布
ジェル ジェル
スプレー スプレー

シーラント

乳歯の奥歯や永久歯(特に6歳臼歯)の溝はとても深く、奥までハブラシが届かないことが多いため、どうしてもばい菌の塊(プラーク)が残ったりします。乳歯や生えた直後の永久歯はやわらかいので、そのままにしておくとすぐに虫歯になってしまいます。そこで、虫歯になる前に、歯の溝の部分をばい菌が入らないように埋めると虫歯の予防になります。それが「シーラント」です。

  • 「シーラント」は歯の溝をきれいに掃除して埋めるだけですからとても簡単です。
  • シーラントの材料からは少しずつフッ素が出て、より歯を丈夫にします。
シーラントについて

シーラント材(松風社 ビューティシーラント®)について

当院で使用しているシーラント材(松風社ビューティシーラント®は、フッ素を取り込み、放出するなど、今までにない性質を持った最新の材料です。

<特徴>

①フッ素をリリース(徐放)・リチャージ(取り込み)する

成分の1つ「S-PRGフィラー」からフッ素をはじめ、6種のイオンが徐放されます。
また、フッ素含有ハミガキ等を使用することで、口腔内のフッ化物イオンをリチャージ(取り込み)します。

この作用により、持続的に歯の質を強くしていくことができます。

②歯にやさしい前処理剤
「セルフエッチングプライマー」による処理後、シーラント材を溝や穴(小窩裂溝)に流しこみます。
従来の「リン酸エッチング」を用いたものよりも歯にやさしい材料です。

③流れが良く溝の奥までいきわたる

従来のシーラント材よりも流れがよいため、小窩裂溝の隅々までしっかりと入り、強く接着します。

定期管理が大切

しかし、虫歯予防はもうこれで十分というわけではありません。きちんとブラッシングをして、シーラントがきちんとついているかなどの定期健診を受け、フッ素を活用したり、食生活でも注意して、総合的にすすめることが大切です。

歯並び・かみ合わせ

当院では、自由診療に関するご相談は無料でお受けします。

乳歯から永久歯に生え換わる過程で、かみ合わせもどんどん変わっていきます。症例にもよりますが、この時期の変化を利用することによって、比較的簡単な装置(プレオルソ)で歯並びを良くできることもあります。
さらに骨格的な問題への対応が必要な場合などでは、大学病院などの矯正歯科へご紹介することもあります。

「プレオルソ」こども歯ならび矯正法の公式ホームページはこちら

「プレオルソ」こども歯ならび矯正法の公式ホームページはこちら
ご予約はこちら
日本口臭学会
Dr.HONDA口臭バイブル