スポーツマウスピース

スポーツマウスピース(マウスガード)はラグビーやアメリカンフットボール、アイスホッケー、フィールドホッケー、ラクロス、ボクシング、空手などのコンタクトスポーツで広く使用されています。強打による衝撃を和らげる効果があり、装着していない場合には歯が折れたり、唇や舌などを負傷したりすることがあります。
また、マウスピース装着により、脳震盪などの発生等や重篤度を低減させることが報告されています。脳震盪は記憶力減退、計算力低下、人格異常を起こすことがあります。

マウスピースの役割

スポーツマウスピース


 ●歯への衝撃の緩和
 ●お口の中の外傷を防止
 ●頭部への衝撃を緩和
 ●運動能力の向上
  (個人差があります。)

マウスピース装着が義務化されているスポーツ

  • アメリカンフットボール
  • 高校ラグビー
  • ボクシング
  • キックボクシング
  • 女子ラクロス
  • 極真カラテ
  • アイスホッケー
  • インラインホッケー

他、マウスピース装着が推奨されるスポーツ

「格闘技系」

南拳法、レスリング、柔道、相撲、その他

「球技、団体競技系」

ラグビー、バスケ、ラクロス、サッカー、ハンドボール、テニス、水球、綱引き、野球、ソフトボール、ゴルフ、その他

「個人競技系」

モータースポーツ、体操、トランポリン、アクロバット、スキー、スノボー、スケボー、スカイダイビング、ハンググライダー、馬術、乗馬、ジェットスキー、サーフィン、ボクシング、砲丸投げ、槍投げ、射撃競技、その他


市販品VS歯科医院によるオーダーメイド

マウスピースにはスポーツ用品店などで販売されている市販品のものもありますが、「ずれたり」、「はずれたり」することが多く、いざというときにしっかりと機能しないことが多いです。
歯科医院で製作するマウスピースは個々人の歯によく適合し、しっかりと喰いしばることができ、いざというときに歯や口の中の組織の損傷を軽減します。

完成までの回数は?

歯科医院で作製するスポーツマウスピースは、2回の来院、7~10日ほどでお渡しすることができます。
1回目のご来院時に歯の型をとり、2回目のご来院時にスポーツマウスガードをお渡しします。

スポーツマウスピースのメンテナンス

マウスピースは、一度作れば一生使えるというようなものではありません。
1年に1度はすり減りや破損を歯科医院でチェックすることをお勧めします。
成長期のお子さんは、顎の大きさや歯並びが成長と共に変化するため、必ず3~4ヶ月に一度はチェックを受けましょう。
また日ごろのお手入れですが、使用前と使用後には水ですすぎ洗いを行って下さい。
そして装着前には歯磨きをきちんと行うことが大切です。
スポーツマウスピースを装着したまま、ジュースや炭酸飲料を飲むのはやめて下さい。
虫歯になりやすくなるおそれがあります。

保管の際は、頑丈なケースに収納して下さい。
そして、マウスピースの変形を最小限に抑えるため、熱湯や熱くなっているものの表面、直射日光など暖かくなる場所に置かないように注意して下さい。



マウスピースを正しく装着し、スポーツを楽しみましょう。



ご予約はこちら
日本口臭学会
Dr.HONDA口臭バイブル