安心な審美治療

セラミックとは

セラミック(陶材)は透明度が高く、歯の自然な透明感や光沢を再現できる材料です。

当院では審美専門技士所と提携し、低価格でも安心のセラミック治療を提供できます。

当院では次の様なセラミックを扱っています。

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックとは、レジン(プラスチック様の素材)とセラミックを混ぜ合わせた素材です。

レジンよりも変色しにくく自然な仕上がりで、セラミックよりも安価であるという利点がありますが、完全なセラミックではないので透明感に欠けるため、前歯の治療にはあまりおすすめ致しません。

利点

  • 保険適用のレジン材料よりも変色しにくい(レジンはプラスチック様の素材のため、短期間に変色が起こる)
  • オールセラミックよりも安価

欠点

  • オールセラミックに比べると透明感が劣る
  • 長期的には変色が起こる(オールセラミックは変色しない)
  • オールセラミックほどは細かな色の調整ができない

オールセラミック

オールセラミックは、金属やレジンを一切使わず、すべてセラミックを使用した素材です。審美歯科治療のなかでもとりわけ審美性の高い仕上がりを求めるところに最適です。

オールセラミックには、透明感や強度などの特徴により、数種類あります。

ジルコボンド

ジルコニアというセラミックの一種にセラミックを築盛したものです。従来のセラミッククラウンよりも強度が高くなり、奥歯や複数歯の連結されたブリッジなどにも使用が可能になりました。

ジルコニアは、人工ダイヤモンドとして知られるキュービックジルコニアとほぼ同じ成分でできており、強度と美しさを兼ね備えています。金属よりも硬くかつしなやかさがあるため、曲げる力にも強く極めて破損しにくい素材で、人体に対する安全性(生体親和性)も高いという特長があります。

利点

  • 強度が高いので、従来はセラミックのみでは難しかったブリッジ治療や奥歯の治療が、金属を使わずにセラミックのみで行える
  • 透明感に優れ、本物の歯のように美しく仕上がる
  • 変色せず、タバコのヤニやコーヒーなどの着色がない
  • 既製材料ではなく、セラミックパウダーを配合して個々の歯に合った色をだしていくので、隣接している歯の色と調和のとれた自然な色に仕上げることができる
  • 金属を使用していないので、装着後歯肉がやせてきた時でも歯の根元部分に黒いラインが見えてくることがない→特に前歯の治療に適している

欠点

  • 製法上、部分的な詰め物(インレー)には使用できない

e.max(イーマックス)

従来のセラミックは強度が弱かったため、かけたり割れたりする場合が多々見受けられました。 しかし近年、従来のセラミックの3倍の強度を持つセラミック、「e.max」が開発され、大臼歯(大きな奥歯)を含むブリッジ(非常に大きな強度が必要なので使用できない)を除くかぶせ物(クラウン)にも広く応用できるようになりました。

e.maxは光の透過性があり、自然で温かみのある高い審美性が得られます。

当院で行っているe.max pressは、溶かしたセラミックを型に流し込み圧力をかけるという製法のため、部分的な詰め物(インレー)やラミネートべニアのようないろいろな形のものを作ることが出来ます。

またこの製法により、従来の熟練の技工士が色々なセラミックのパウダーを模型に少しずつ盛って焼いて色を合わせるという複雑な工程がなくなったため、比較的安価になりました。もちろん効率化だけではなく、プレスファーネスでプレス(成型)することで十分に高強度な修復物が製作できます。

利点

  • 強度と透明感の両方を兼ね備えている
  • 柔らかすぎず、かつ硬すぎない材質のため、対合歯(咬み合っている歯)に影響が少ない
  • 天然歯と接着するため境目が自然で、細菌進入による虫歯も起こりにくい
  • 変色がない
  • オールセラミックの中では比較的安価である

欠点

  • ジルコニアほど強度が高くないので、大臼歯(大きな奥歯)を含むブリッジには使用できない。
  • 生活習慣によっては着色することがある

フルジルコニア(Z冠)

ジルコニアのブロックを削りだして製作するもので、すべてがジルコニアでできています。そのため非常に強度が高く、金属と同程度であるため、かぶせ物(クラウン)であればどんな設計でも対応できます。ブリッジに用いることも可能です。

当院では強度と審美性を兼ね備えたZ冠プレミアムと、色の選択肢があまりありませんが比較的安価なZ冠スタンダードを取り扱っています。

利点

  • 強度が高くあまり厚みが必要ないため、他の治療と比較して歯を削る量が少なくて済む
  • 変色せず、タバコのヤニやコーヒーなどの着色が少ない
  • コンピューターによる設計・製作(CAD/CAM)のため精度が高く、低価格

欠点

  • Z冠スタンダードでは完全に他の歯と同じ色にはできない(3色からの選択)

メタルボンド

金属のフレームにセラミックを焼き付けたものです。
金属で補強しているので耐久性があり、奥歯のクラウン(被せ物)やブリッジの治療に用いられることが多くあります。しかし、透明感や色調は金属を使用していないものより劣ります。


利点

  • 金属で補強されているため、耐久性がある
  • 歯垢や色素がつきにくい

欠点

  • 金属がはぐきに入りこみ、色素沈着を起こしてしまうことがある
  • 金属アレルギーがあると適用できない
  • 透明感はなく、オールセラミックよりは色調が劣る


それぞれの材料には優れた点や欠点があり、

歯の場所や状態によって適したものが限られている場合もあります。

まずはご希望をお聞かせください。


ご予約はこちら
日本口臭学会
Dr.HONDA口臭バイブル